▶修理例・Harley-Davidsonハーレー・スポーツスター磁石の破損です。

ハーレーダビットソン1988XL883のバッテリー上がりで
ご来店いただきました。

スポーツスター磁石の破損

充電電圧が13.0Vしか出ていませんでした。
ダイナモ出力を測定・・1000rpmで12.4V・・3000rpmで33Vの出力でした。
ダイナモ出力不足でした。
分解してステーターコイルを確認すると…

バイク修理NEWAUTOスポーツスター磁石の破損

コイルの一部が破損していました。
原因はローターの磁石の破損によるものでした。

バイク修理NEWAUTOスポーツスター磁石の破損

磁石の破片が各部に飛び散ってました。

バイク修理NEWAUTOスポーツスター磁石の破損

ミッションも引き抜き点検いたしました。

バイク修理NEWAUTOスポーツスター磁石の破損

ケースは、

バイク修理NEWAUTOスポーツスター磁石の破損

各鉄粉だらけ。

全部清掃し、ベアリング・T/Mのギャー等のダメージ確認。

バイク修理NEWAUTOスポーツスター磁石の破損

 
バイク修理NEWAUTOスポーツスター磁石の破損

そして 組上げ

今度は、磁石の割れないタイプを選択。

バイク修理NEWAUTOスポーツスター磁石の破損

組み上げました。

バイク修理NEWAUTOスポーツスター磁石の破損

充電出力も14.2Vと安定した充電電圧になりました。
なお スポーツトランスミッションオイル量は1.5パイン
1パインは475ccなので 712ccとなります。




カテゴリー: Harley-Davidson, オートバイ修理例・バイク特殊加工, ハーレーカスタム タグ: , , , , , パーマリンク