▶修理例・ヤマハYZF-R1のバッテリー上がり

ヤマハYZF-R1のバッテリー上がり。
バッテリーの充電電圧測定結果12.5V
回転数を上げても変化なし。
発電機の発生電圧を測定アイドリングで19V 3000rpmで40V
したがってダイナモの出力はOK
レギュレターの交換になりました。
レギュレターはガソリンタンクとバッテリーの間に有り
ガソリンタンクを脱着し レギュレターを交換。
充電電圧測定結果はアイドリングで14Vを発生しました。
これにて 修理完了です。
ありがとうございました。
バイク修理・NEWAUTO|愛知|名古屋|バイク修理・NEWAUTO|愛知|名古屋|




カテゴリー: オートバイ修理例・バイク特殊加工 タグ: , , パーマリンク