▶修理例・ヤマハ4STビーノのエンジン

ヤマハ・4STビーノのエンジンの始動不良を引き上げさせていただきました。
エアークリーナーの点検でカバーをはずすと 乳化したエンジンオイルが
エアークリーナーBOXの中に充満してました。
原因はエアーエレメントに乳化したエンジンオイルが付着し 空気を遮断したため
エンジンがかからなくなったのでBOXを洗浄しエアーエレメントを新品に交換し、
点火プラグもかぶっていたため交換。エンジンオイルも交換。
バッテリーが弱っていたため24時間の低電圧充電でエンジンが始動、お客様に連絡し車両を取りに来ていただきました。
修理を任せていただきありがとうございました。

バイク修理・NEWAUTO|愛知|名古屋|ヤマハビーノ




カテゴリー: オートバイ修理例・バイク特殊加工 パーマリンク